2021年3月まとめ

取引記録

総取引日数 17日(23営業日)
勝敗 13勝4敗(勝率76.47%)
月間合計損益 -9,564円 (手数料及び税引前)
目標収益 100,000円 (未達成)

※楽天証券は、いちにち信用の手数料反映が翌朝なので、手数料引前で記載してます。
※源泉徴収無し口座なので、ブログにも税引きせず記載してます。

進歩

目標は不達成、微損とはいえ収支もマイナスです。

ただこのマイナスは意義のあるマイナスでした。
最近は低リスクで少しの金額なら安定して取れるようになってました。
それが昨年11月から続いてましたが、肝心の手数が全くついて来ず…利益率は悪くないし狙ってる銘柄も出来高の多いところなので、その気になれば資金は増やせます。

しかしそれじゃダメ、それは目標としているトレードじゃない。
場の雰囲気で増減はあっても、ある程度手数を打てなければ安定化が望めません。
仮にこんな状態で資金を増やしても、一度のドカンでメンタルを持ち崩して退場まで一直線という事もあり得ます。
やはり手数を増やすしかない。

その為に様々なバックテストツールを開発したり、バックテストの結果を日中に使用する自作ツールにフィードバックする機能を作ったりと、今月は積極的にツール改良を行いました。
結果、僅かながら手数は増えてるし細かい値幅取りのコツも見えてきてます。
これは大きな収穫です。

それと久々のドカンによる収支のマイナスもメンタル的にはプラスだと思っています。
安全に微益を積み重ね続けてても意味はありません。
3月22日のドカンは確かに仕掛けは悪かったけど、微益安定に甘んじず一歩踏み出せたという意味では重要でした。
値動きも収支もボラが無いより、仮にマイナスでもボラがある方が未来は明るいと思います。(資金管理がきちんと出来ている事が大前提ですが)

4月の目標

・月間収支+10万円
・基本方針は現手法のまま、改良などを加え手数を増やす

月間10万円は変更なし。
4月は10万狙います。
やり方は定まってきてますから、後は「やるか・やらないか」だけです。

手法も基本方針は問題ないので、後は場中にどれだけ上手く取れるか?です。
最近はボラの無い相場が続いてますから細かく取るしかありません。
こればかりは相場に適応していくしかありません。
そしてその適応能力こそ、相場で生き残る力だと思います。

正直、3月の反省も4月の目標も特にないというか書きようがないです。
ここまで来たら後は淡々と取引するだけだと思うんですよ。
しいて言うなら集中する事かな?
4月、勝負の月にします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする