原因は探らない方が良い

取引記録

総取引回数 7取引 4勝 3敗(勝率57.14%)
本日損益 -3,760円 (手数料及び税引前)
今月損益 +1,719円 (手数料及び税引前)

※総取引回数は往復です。
※楽天証券は、いちにち信用の手数料反映が翌朝なので、手数料引前で記載してます。
※源泉徴収無し口座なので、ブログにも税引きせず記載してます。

指数

NYダウ まさかの34,000ドル越え(この一年で何度も同じこと言ってます…)
日経225 やはり3万が天井らしく寄りから下げるが底は堅い
マザーズ総合指数 終日強く上昇、1,250円は天井なのか?

良く動きました

金曜日という事もあり警戒していましたが、思った以上に強く良く動きました。
しかし今日はマイナス収支…。

原因は3903 gumiで発生した後場の急落に巻き込まれた事です。
先日シキノハイテックでも高値圏で急落に巻き込まれてます。
それもあって、損切した後にあれこれと原因究明をやってました。

しかしね…これ避けようがないなーというのが結論です。
シキノハイテックも結局そうです。
デイトレやってたら絶対に急落に巻き込まれます。

ふと「毎日車に乗ってたら事故に遭う確率は何%か?」というのが気になり調べてみました。
単純に運転免許保有者の総数で一年間の事故件数を割ると7人に1人が何らかの交通事故に遭うそうです。
つまり1年に14.29%の確率で事故に遭遇するわけです。
単純計算で40年乗った場合99.79%の確率です。

つまり車に乗ってれば生涯で必ず事故に遭う訳です。
中にはペーパーの人も多数いるだろうし、届け出がされない自損事故(自宅の壁にぶつけたとかガードレール等を破損しない程度にぶつけたとか)もたくさんあるでしょうから、それを考慮すると「車を常用してれば生涯に数回は事故に遭う」と結論付けて良いと思います。

株もこれと一緒。
どんなに気を付けても必ず事故=ドカンがあるわけです。
道交法を遵守していても後ろからぶつけられ被害者になる事があるのと同様、どんなに仕掛けをしっかりしても避けようのないドカンを食らう事は必ずあるわけです。
数十回以上の試行回数で期待値がプラスの手法なら、いちいちドカン負けの事は考えず機械的にやるのが正解。
これは今の手法をシミュレータで何度検証しても同じ結果が出ています。

問題は「考えすぎず無心に取引する」というのが出来ていない事ですね。
変に悩まず、負けは気にせず淡々と取引するのが正解。

ただそれが分かっていても…やはり難しいです。
今はそこで停滞してます。
今日の成績だって淡々とやれば結果は出ていました。
頭というか気持ちの切り替えとコントロール。
今はそれを実現する為の努力が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする