新技を習得

取引記録

総取引回数 8取引 5勝 3敗(勝率62.50%)
本日損益 +840円 (手数料及び税引前)
今月損益 +10,033円 (手数料及び税引前)

※総取引回数は往復です。
※楽天証券は、いちにち信用の手数料反映が翌朝なので、手数料引前で記載してます。
※源泉徴収無し口座なので、ブログにも税引きせず記載してます。

指数

NYダウ 28,000ドル超えるも弱そう
日経225 若干GDスタートするも弱い上昇基調
マザーズ総合指数 若干のGUスタートから弱いが終日底堅く上昇

朝一トラブル…

寄り前に自作ツールを起動するも、どうにも動作が遅い。
遅いというか、DDE通信で接続エラーを頻発する。
原因は昨日引けてから作ったストップ銘柄リストか朝作ったPTS銘柄リストのどちらかっぽいのだが不明。
仕方なくPTSとストップのリストを外して場に臨みましたが、この時既に9:20。
結構なタイムロスとなりました。

新技というと大袈裟ですが…

大袈裟っていうか、早く気づけよという話になってしまいます。

仕掛けの際に逆張りで仕掛けるのは大丈夫なのですが、順張りに関しては資金を入れるのをどうにも躊躇してしまう事が多いです。
それなりに上昇基調の銘柄に順張りで仕掛けるとなると売板から直接買わないといけないわけですが、たった1ティックでも勿体ない気がしてしまう…結局それで上昇銘柄をスルーという事が多々ありました。
ロット上げると更にその傾向が強くなり、最近は順張りはエアトレでテストするのみ。

そういう事もあって今日からは100株でも良いから順張りしようと考えてましたが、それでもなかなか勇気が出ず。
その時ふと気づきました。
順張りの時って取り敢えず半ロットで仕掛けて、それから下がったら半ロットで押し目買いして、逆に上に飛んだらJCで良いんじゃ?

・順張り半ロットINから下がった場合
→下げたところで押し目にすれば、最初のINと押し目の中間値が1ロット分の価格と考えられるので、ナンピンしても取り返しやすい

・順張り半ロットINから上がった場合
→上げたところでJC成買すれば、最初のINとJC価格の中間値が1ロットの価格と考えられるので、ナンピンしやすいし下がっても同値撤退程度にダメージ軽減できそう

順張りで下がった場合、板や下げ方の状態にもよりますが、資金が集まってれば買い支えが期待できます。
順張りで上がった場合も同様、急騰JCは上手く乗れば大きな利益が手に入ります。
特に後者の場合、半ロットずつ入れとけば心理的な負担が少ない。
これは大きなメリットです。

しかし新技、真価を発揮できず…

前述のやり方で、方法論としては良いと思ってますし今後も使う予定です。
しかし今日はダメだった…。

新技最初の相手は4592 サンバイオ。
てか最初の相手にサンバイオって…今考えると無謀なんですが、その時はやれる!って気になってました(笑)
10時半過ぎに2140円で仕掛けたのですが、1分程度で20円以上の急落。
当然血の気が引く…いや待て!ここで残り半ロット追撃せねば!という事で2111円でIN。

これで中間値は2125.5円となるのでまずまずのINのはずでしたが、なかなか反発せず。
というか冷静さを失っていて、許容損失面ではまだナンピンしても大丈夫なはずなのに、慌てて微損撤退してしまった。
-1,800円の損失…しかしまあ考えてみれば、順張り参加料としては妥当というか低リスクの損失なので後から考えると上出来な仕掛けでした。
実際、逃げた後に少し上昇してたので、タイミングが合わなかっただけと諦めもついてます。

その時は結構落ち込みました…いい方法だったのになーと。
ただ銘柄やタイミング次第なら結構いけるだろうという確認もあり、次に見つけた2395 新日本科学でも同じ方法を試しました。
11時前に824円で仕掛けたところ、上手い事流れに乗って30ティック抜き!よし!

…実際に資金入れてればよかったのですが、サンバイオで日和って新日本科学はエアトレでやってました。
サンバイオの失敗でも萎えてたのに、新日本科学でトドメ刺さって気持ちはガン萎えです。

ただこの方法のお陰で順張りでも入りやすくなり、後場はちょこちょこと取れました。
全般的に底堅いけど上値も重いという感じでしたので、ナンピンもJCも発動条件になりませんでしたが、順張りに積極参加できたのはOKです。

残念ながら今日は色々噛み合いませんでした。
動きの激しい銘柄に入る時は1トレードのみに絞るようにしてるのですが、そうするとチャンス銘柄が複数あった時は選択問題みたいにどれか一銘柄を選ばないといけません。
しかし今日はその選択ミスの連続…おまけに疲れてしまって14時以降は横になったりぼーっとしてたりで、新日本科学の14時半過ぎの暴落も見逃したりしてました。

とは言え牛歩ながら前に進んでいる感じはします。
油断はできないけど、大ヤラレは減ってきてます。
大ヤラレの発生を抑える事が出来るなら、後は回避率は維持しつつ手数が増やせれば良い事になります。
油断せず、慎重を期しつつも積極的に攻めるよう明日も頑張ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする