手数を増やしに行く

取引記録

総取引回数 4取引 2勝 2敗(勝率50.00%)
本日損益 -750円 (手数料及び税引前)
今月損益 -5,025円 (手数料及び税引前)

※総取引回数は往復です。
※楽天証券は、いちにち信用の手数料反映が翌朝なので、手数料引前で記載してます。
※源泉徴収無し口座なので、ブログにも税引きせず記載してます。

指数

NYダウ 26,600ドルをキープ
日経225 右肩下がり
マザーズ総合指数 右肩下がり

手数が欲しい!

以前からの最重要課題の一つですが、とにかく手数が伸びません。
精度上がったら手数増やそうって思うものの、肝心の精度も上がらず毎日悩んでました。

ただここ最近やってて気付いたのですが、仕掛ける銘柄もタイミングも実はそんなに悪くないんですね。
よくあるのは「同時に複数注文を仕掛けたら上値が重い銘柄だけ約定し、約定しなかった銘柄は目前で急反発」というパターン。
タラレバばっか言ってても仕方ないよなーと思ってましたが、このパターンが非常に多いです。

恐らくですが、ここぞ!って時に指値を出すタイミングが微妙に遅いのではないかと。
押し目やリバウンドの狙いの銘柄に入る際、板の動きをよく観察して仕掛けようと数秒~十数秒のシンキングタイムがあるのですが、多分この僅差でチャンスを逃してます。
結果、指値を出しても上昇力のある銘柄は約定せずに切り返して上昇し、上値が重かったり下落トレンドになる銘柄だけが約定するという感じだと思います。
多少の損失は覚悟で、思考よりスピードを優先させた方が良いのかもしれません。

どーせ株価の方向性なんて判断できませんので…つか判断できないからデイトレやってるわけです。
だったらチャンスを見つけたら迷わず入って、ダメならすぐ切って上がったらラッキー!位の気持ちでいた方が良い。
まーこれが難しいんですが。

今日は午前中にそのことに気が付いて意識したところ、取れそうな銘柄がちらほらありました。
んで後場始まって意気込んで仕掛けましたが、まー後場が酷い酷い。
結局後場は2銘柄仕掛けて2敗、今日の負けは全て後場です。
それでも腐らず仕掛けは試みたんですが、チャンスもあまり転がってなく無理はしないでおこうと思い終了。
ただ感触は悪くなかったので、明日も弱気にならず攻めに回ってみようと思います。
もちろん指数次第だけど。

ETF残念無念

今日も今日とてETFの下がり過ぎをキャッチしようと朝からツール可動。
寄り前にこれは!という動きがあったので買い注文を出すも、寄り前の5分間で値を戻してしまいました…これは本当に残念。
この方法に気づいたのは7/14ですが、この日は前日の上昇を全て打ち消すGDスタートという事もあり、ETFにもかなり異常値が出てた気がします。
やっぱり場が荒れる時じゃないと発揮しないんでしょうね…今日はズル下げっぽい動きでしんどい日ではあったけど、朝一でサプライズとかがあった訳じゃありませんから、こういう日はダメなんでしょうね。
仕方ない、こっちの方はチャンス到来までじっと待つとします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする